プレストレスト高強度コンクリートパイル

PHCはPrestressed High-strength Concreteの略称です。STはStep Taperedの略称で、断面変化部(テーパー部)を設けた拡径PHCパイルです。コンクリート強度は85、105、123N/muの3種類あり、軸力に応じて選択できます。
→土木用は別途ご相談ください。

  • JP-PHCパイル
  • JP-PHC105パイル
  • JP-PHC123パイル
  • JP-STパイル
  • JP-ST105パイル

■断面諸数値一覧表と断面性能表
(建築用)

PDFファイル
HTMLファイル
φ300〜φ1200
PDF
HTML


■N-M曲線(建築用)

PDFファイル
エクセルファイル
(一括ダウンロード)
縦型グラフ
PDF
横型グラフ
PDF
 
N−M曲線作図ソフト(全杭種共通)
XEL
作図ソフトは、JP-NPH、JP-PHC、JP-NPRC、JP-CPRC、JP-SCの全杭種に対応しております。
作図ソフトは、長期・短期・破壊のN−M曲線と、杭の荷重状態が作図することができます。
作図ソフトは各杭種どのページのものも同じソフトとなっております。
作図ソフトは、マクロを含んでいます。
作図ソフトはzip形式で圧縮されています。当データをご使用になるにはzip形式のファイルを解凍できるソフトウェアが必要になります。解凍するソフトウェアは、インターネット上にあるソフトウェアダウンロードサービスを行っているサイトで入手することが可能です。



■杭仕様図(下図をクリックで拡大表示)

杭仕様図
杭長は1mピッチで、4〜15m(一部の工場では5〜15m)です。
ただし、軸部径が300mm・A種、350mm・A種の杭長は13mまでです。

■設計に用いる諸定数

 種 類 A B C A B C A B C
コンクリート 設計基準強度
(N/mm2
 80   85   105   123 
長期許容応力度
(N/mm2
圧縮  22   24   30   35 
曲げ引張  σce/4※1   σce/4※1   σce/4※1 
斜引張  1.2   1.2   1.2 
短期許容応力度
(N/mm2
圧縮  44   48   60   70 
曲げ引張  σce/2※1   σce/2※1   σce/2※1 
斜引張  1.8   1.8   1.8 
ヤング係数(N/mm2  40 000   40 000   42 000 
PC鋼棒 引張強さ(N/mm2  1 420   1 420   1 420 
耐力(N/mm2  1 275   1 275   1 275 
ヤング係数(N/mm2  200 000   200 000   200 000 
※1 σce:有効プレストレス量

 

■JP-STパイル・JP-ST105パイルの形状一覧

 名 称  外 径  拡径部長さ
Lt(mm)
断面変化部
D
(mm)
 Dt
(mm)
a
(mm)
b
(mm)
3035 300 350 700 100 25
3540 350 400 800 100 25
4045 400 450 900 100 25
4050 400 500 1 000 100 50
4550 450 500 1 000 100 25
4555 450 550 1 100 100 50
5060 500 600 1 200 100 50
6070 600 700 1 400 100 50
名 称 外 径 拡径部長さ
Lt(mm)
 断面変化部
D
(mm)
 Dt
(mm)
a
(mm)
b
(mm)
7080 700 800 1 600  100 50
8090 800 900 1 800  100 50
80100 800 1 000 2 000  200 100
90100 900 1 000 2 000  100 50
※Dt=D+200mmは、別途ご相談ください。

 

■標準質量表

※この質量表は目安です。詳細については別途ご相談ください。
※L=杭長(m)

杭径
D
(mm)
肉厚 肉厚
t
(mm)
標準質量
m
(t)
300 標準 60 0.118×L
350 標準 60 0.142×L
400 標準 65 0.178×L
特厚 80 0.209×L
450 標準 70 0.217×L
特厚 85 0.253×L
杭径
D
(mm)
肉厚 肉厚
t
(mm)
標準質量
m
(t)
500 標準 80 0.274×L
特厚 100 0.327×L
600 標準 90 0.375×L
特厚 110 0.440×L
700 標準 100 0.490×L
特厚 120 0.568×L
800 標準 110 0.620×L
特厚 130 0.711×L
杭径
D
(mm)
肉厚 肉厚
t
(mm)
標準質量
m
(t)
900 標準 120 0.764×L
特厚 140 0.869×L
1000 標準 130 0.923×L
特厚 150 1.041×L
1100 標準 140 1.097×L
特厚 160 1.228×L
1200 標準 150 1.286×L
特厚 170 1.430×L

 

呼び名 肉厚 肉厚
t
(mm)
標準質量
m
(t)
3035 標準 60 0.118×L+0.05
3540 標準 60 0.142×L+0.07
4045 標準 65 0.200×L
特厚 80 0.231×L
4050 標準 65 0.178×L+0.19
特厚 80 0.209×L+0.19
呼び名 肉厚 肉厚
t
(mm)
標準質量
m
(t)
4550 標準 70 0.217×L+0.10
特厚 85 0.253×L+0.10
4555 標準 70 0.217×L+0.24
特厚 85 0.253×L+0.24
5060 標準 80 0.274×L+0.28
特厚 100 0.327×L+0.28
6070 標準 90 0.375×L+0.38
特厚 110 0.440×L+0.38
7080 標準 100 0.490×L+0.51
特厚 120 0.568×L+0.51
呼び名 肉厚 肉厚
t
(mm)
標準質量
m
(t)
8090 標準 110 0.620×L+0.64
特厚 130 0.711×L+0.64
80100 標準 110 0.620×L+1.54
特厚 130 0.711×L+1.54
90100 標準 120 0.764×L+0.80
特厚 140 0.869×L+0.80
製品名称変更について:2010年10月1日より、JP-PHC85パイルとJP-ST85パイルは、それぞれ「JP-PHCパイル」、「JP-STパイル」に名称を変更しました。なお名称のみの変更であり、杭材の性能や仕様に変更はありません。