私たちが思うジャパンパイルの魅力

杭業界の職場は男性中心と思われるかもしれませんが、
当社では多くの女性社員が活躍しています。今回は日々奮闘を続ける若手女性社員6名に集まっていただき、
「ジャパンパイルの魅力」について率直に語ってもらいました。

女性社員の顔写真
基礎設計部
2015年入社
修士課程 
工学研究科卒業
女性社員の顔写真
基礎設計部
2017年入社
理工学部 
都市システム工学科卒業
女性社員の顔写真
人事部
2017年入社
外国語学部 
外国語学科卒業
女性社員の顔写真
広島支店・基礎設計部
2016年入社
環境都市工学部 
建設学科卒業
女性社員の顔写真
基礎設計部
2016年入社
海洋科学部 
海洋環境学科卒業
女性社員の顔写真
工事部・工事計画課
2014年入社
工学部 
社会環境工学科卒業

建築や土木を学んでいなくても活躍できる!

女性社員の顔写真

私は大学では海洋学を専攻していたため、建築や土木の知識はまったくありませんでした。ただ、もともと建造物に興味があり、大学で地震に関わる研究もしていたことから、「地震が多い日本で建築された建物にはどんな秘密があるんだろう?」と疑問を持ち、杭という存在に興味が湧いてきたのです。建築に全然興味がないという人は合わないかもしれませんが、建築や土木を学んでいなくても大丈夫。意欲さえあればやっていけます。

女性社員の顔写真

当社は基礎建設という業態のため、理系出身の社員が多いものと思われがちですが、文系理系を問わず、あらゆる学部・学科出身の社員が活躍しています。理系でも専門分野は建築・土木以外だったという人、文系でも施工管理職を希望する人、理系から管理部門を目指す人…。杭については、理系出身者でも入社してから初めて学ぶという人がほとんどです。学生時代の専攻にかかわらず、「ダイナミックなものづくりに携わりたい」という方なら、きっとやりがいを味わえると思います。

職場の雰囲気がベリーグッド!

女性社員の顔写真

就職活動中は、建築・土木業界のさまざまな会社の説明会に参加したのですが、人事担当の方の人柄に惹かれたのが当社でした。「女性が働きやすそう」と思えたのも、大きなポイントでしたね。実際に入社してみると、説明会で感じた印象そのまま。私が所属している基礎設計部は女性の割合が多く、職場はいつも活気にあふれています。また、頼りになる先輩にも恵まれていて、相談しやすい環境が整っているのもうれしいですね。

女性社員の顔写真

私が所属している工事部は、基礎設計部に比べると女性は多くありません。けれど、相談すると優しく答えてくれる先輩が多く、女性でもすんなり溶け込めると思います。実際、他の部署からも「工事部の男性社員はみんな気遣いができる」と、うらやましそうに言われます。現在の主な業務は現場のサポートですが、私の上司は自分のやり方を尊重してくれるタイプ。それでいて困った時はすぐに助言してくれるので、とても働きやすいです。

福利厚生が充実している!

女性社員の顔写真

社宅や寮の場合、家賃の85%を会社が負担してくれるのはすごく助かります!私は広島支店に所属しているのですが、支店でも有給を取りやすい環境はありがたいですね。仕事の状況次第では、まとめてお休みをいただくこともできます。仕事にはもちろん全力投球で取り組まないといけませんが、集中してやり遂げるためにはオンとオフの切り替えも大切。ジャパンパイルなら、プライベートも充実した時間が過ごせます。

女性社員の顔写真

私は既婚者なので、いずれ子供ができた時のことを考えると、産休・育休制度がしっかりしているのはありがたいです。時短勤務も認められていますし。ただ、個人的には、子供を産んだ後でも、できる限り今の働き方を継続させたいという想いもあります。社内にはすでに出産を経て復帰している方もいますが、母親になった女性社員がさらに働きやすい職場となるように、女性目線で話し合える場を作っていきたいです。