施工法(土木)

STJ工法
プレボーリング工法
あらかじめ掘削液を注入しながら地盤をオーガースクリューで所定の深さまで掘削した後、既製杭を挿入する工法です。オーガースクリューで先行掘削した後、杭頭または先端部を打撃して杭の定着を行う工法と、根固め液、杭周固定液を注入し、回転圧入することで杭の定着を行う工法があります。先行掘削するときに杭先端根固め部を拡大する工法もあります。
中掘拡大根固め工法
杭中空部に挿入したオーガースクリューにより、杭先端の地盤を掘削しながら、杭の重量および圧入により所定深度まで杭を埋設する工法です。杭先端部は拡大ビットを拡翼するか高圧噴射することにより根固め液を注入し、杭先端部に杭径以上の拡大球根を築造します。掘削した土砂は杭中空部を通して杭頭部から排出されます。

オールケーシング工法
掘削長の全長を、鋼製ケーシングで孔壁を保護しながら掘削し、ケーシング内の土砂を排土して鉄筋かごを建て込み、コンクリートを打設し杭を造成する工法です。孔壁の崩壊が予想される場合などに使用します。掘削方法は遥動式と全周回転式に区分されます。埋設されたケーシングは、コンクリート打設に伴って順次引き抜き回収します。
リバース工法
ピットを回転させ地盤を切削し、その土砂を孔内水と共にサクションポンプ、またはエアリフト方式などにより地上に吸上げることによって排出します。この掘削孔に鉄筋籠を建て込み、コンクリートを打設する工法です。 孔壁の保持は地盤表面部ではスタンドパイプを使用し、スタンドパイプ下端以深は、孔内水位を地下水位より2m以上高く確保することによる静水圧と、循環水に溶け込んだ粘土・シルトの再粒子が、壁面に付着して形成されるマッドフィルムの作用によって保持します
アースドリル工法
ドリリングバケットを回転させて掘削し、バケット内の土砂を排土しながら地盤を掘削します。掘削孔に鉄筋かごを建て込み、コンクリートを打設して杭を造成する方法です。表層部ではケーシングを用い、それ以深では安定液(ベントナイト)で孔壁を保護して施工します。 掘削からコンクリート打ち込みまで1台の機械で施工可能なので、他の場所打杭工法に比べ施工能率がよく、最も多く採用されている工法です。

HYSC工法 つばさ杭工法
プレボーリング工法
あらかじめ掘削液を注入しながら地盤をオーガースクリューで所定の深さまで掘削した後、既製杭を挿入する工法です。オーガースクリューで先行掘削した後、杭頭または先端部を打撃して杭の定着を行う工法と、根固め液、杭周固定液を注入し、回転圧入することで杭の定着を行う工法があります。先行掘削するときに杭先端根固め部を拡大する工法もあります。
中掘拡大根固め工法
杭中空部に挿入したオーガースクリューにより、杭先端の地盤を掘削しながら、杭の重量および圧入により所定深度まで杭を埋設する工法です。杭先端部は拡大ビットを拡翼するか高圧噴射することにより根固め液を注入し、杭先端部に杭径以上の拡大球根を築造します。掘削した土砂は杭中空部を通して杭頭部から排出されます。
鋼管ソイルセメント杭工法
掘削土砂とセメントミルクを混合攪拌してソイルセメント柱を造成し、その中に表面にスパイラル状にリブを設けた鋼管(リブ付き鋼管)を挿入する工法です。ソイルセメント柱は、注入量・配合・1mあたりの羽切り回数等を管理しながら造成します。このソイルセメント柱とリブ付き鋼管が一体化することで、ソイルセメント柱径を有効径とする杭の鉛直・水平支持力が得られます。施工法には、ソイルセメント柱造成後に鋼管を建込む「後沈設施工法」と、ソイルセメント柱を造成しながら同時に鋼管を建込む「同時沈設施工法」があります。

ページトップへ戻る