ABOUT US 私たちについて

すべての杭基礎を担う
総合基礎建設の
リーディングカンパニー

ジャパンパイルは、すべての杭基礎に一貫対応する業界最大規模の「総合基礎建設企業」です。私たちの使命は、超高層ビルやマンション、高速道路、橋、公共施設、テーマパークなど、様々な建物を「地中から支える力」によって守ること。これからも、平均2000件以上/年の実績を誇る確かな総合力と、常に挑戦し続ける開発力によって業界をリードし、日本の暮らしを支えていきます。

イメージ写真1
イメージ写真2
イメージ写真3

01 すべての杭基礎に対応

既製コンクリート杭、場所打ち杭、鋼管杭の三種類がある杭基礎。当社はこれらすべてを扱う総合的な杭基礎建設会社です。

既製コンクリート杭

イラスト:既製コンクリート杭

工場であらかじめ製造された杭で主に3階~15階建ての中・高層ビルの基礎として用いられる。

場所打ち杭

イラスト:場所打ち杭

地盤を掘削してコンクリートを打設し杭を築造する方法で一般的な建築物から高層・超高層ビルの基礎として用いられる。

鋼管杭

イラスト:鋼管杭

鉄製の杭で主に橋や道路などの土木構造物の基礎として用いられる。

02 設計から製造・施工までトータルプロデュース

業界最大規模の組織力を活かし、設計から施工まで一貫対応。地盤の地層構造が非常に複雑な日本の基礎建設を総合的に支えています。

平均2000件以上/年の基礎建築に一貫対応

設計 Design

写真:設計

専門的かつ幅広いノウハウによって、建物と地盤に合わせて最適な基礎を設計

製造 Manufacturing

写真:製造

時代の先を担う高水準技術、業界最大規模の生産体制によって高品質製品を製造

施工 Construction

写真:施工

現場ごとに的確な工事計画をプランニングし、基礎建設の施工をトータルに管理

03 基礎建設の歴史をリードし続けて約1世紀

これまで積み重ねてきた総合的なノウハウによって、変化し続ける社会的ニーズにいち早く対応し、基礎建設の歴史を牽引し続けています。

国内初の既存コンクリート杭を開発

大正12(1923)年、ジャパンパイルのルーツのひとつ武智工務所が「武智杭」の製造・施工を開始。これが、既製コンクリート杭を企業化した日本最初の例といわれています。

写真

時代のニーズに応える新工法を開発

地盤工学・コンクリート工学などの専門的な研究により、高支持力を誇る画期的な既製コンクリート杭の「Smart-MAGNUM工法」をはじめ、これまでに多数の工法・杭材料を開発。

写真

04 日本の技術をアジアマーケットへ展開

持株会社のアジアパイルホールディングスはアジア諸国へと事業を展開。日本で培ったノウハウを発信し、人々の豊かな暮らしに貢献しています。

アジア諸国の豊かな未来を支える

成長著しいアジアで展開する事業会社と共に、諸国の社会発展に貢献し続けています。

写真