JP施工管理システム

システム概要

 

「JP施工管理システム」は、これまでの施工では分かりにくかった地盤や施工の状況を、施工管理装置を用いることにより、リアルタイムに確認することができるシステムです。本システムにより、施工品質管理の信頼性向上と施工記録を収集することが可能となります。

測定項目 時間
速度
負荷電流
流量
検出方法 深度 ロータリーエンコーダー
電流 クランプ式変流器
流量 電磁流量計

*カタログ・認定書のダウンロードはこちら

    Download
JP施工管理システム カタログ(652KB) PDF
統合型管理装置 カタログ(362KB) PDF
スマコン カタログ(502KB) PDF
スマコンシビル カタログ(487KB) PDF

ページトップへ戻る

地盤状況の確認

《概要》

積分電流値(掘削に要した時間を加味した、電流値と掘削時間との積)は、ある区間を掘削するのに要したエネルギーを単位時間当たりで評価するため、電流値よりも、地盤の硬軟(≒ボーリングデータによるN値)に近似した変化を示します。積分電流値の軌跡とN値の分布を比較し、地盤状況を確認します。なお、積分電流値とN値との相関関係は、必ず比例するとは限りません。地盤調査や試験掘削等を含め、総合的に地盤性状の把握を行います。

※クリックで拡大表示します

ページトップへ戻る

施工状況の確認

本システムでは、地盤状況だけではなく、その他多くの有益な情報を一元管理にてリアルタイムに測定、表示、記録することができます。
測定、表示項目は、時間(掘削時間、注入時間等)、注入量、支持層・拡翼などの確認に利用される電流値、掘削深度、杭設置深度、拡翼の油圧管理などに及び、お客様や施工に係る関係者の皆様に、適切な情報をご提供いたします。

施工管理記録例 ※クリックで拡大表示します

ページトップへ戻る